にほんブログ村 スロットブログへ
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD(2018)のスペック・設定判別・解析についてまとめてみました。


スポンサーリンク

スペック解析

設定 BIG SDC REG ART初当たり 合算 機械割
1 1/1638 1/3277 1/655 1/563 1/251 97.6%
2 1/2048 1/563 1/240 98.3%
3 1/1489 1/563 1/230 100.5%
4 1/1311 1/562 1/225 103.1%
5 1/1092 1/561 1/218 106.0%
6 1/910 1/562 1/209 109.2%

ボーナスの一種であるスクデットチャージ(SDC)に設定1と6で3倍以上の設定差。
ツモれればわかりやすそうですね!!

回転数 34G/50枚
ボーナス獲得枚数 204枚・42枚
ART純増枚数 1.3

A+ARTで出玉を増やすタイプ。スパイキーと言えば、ブラックラグーンやハイスクールオブザデッドでしょ!
スパイキーの代表作とも言える機種の2作目ですね。
バク乗せの特化ゾーンが健在なら嬉しいのですが、機械割が109%というのが残念ですね^^;

天井について

非搭載

設定判別について

今のところスクデットチャージ(SDC)に大きな設定差があるので、引けば引くほど強い!
設定1:1/3277 設定6:1/910

SDC:赤7・白ブランク・赤7 獲得枚数204枚

随時解析については更新していきます!!